3Dのハーネスを設計するのに優れた強力なツール

精度の高い設計と、設計時間の短縮を実現出来ます。

ライセンス管理ツールの特長

3D設計時間を大幅短縮

ケーブルを容易に作成・編集出来るので、工数削減を実現します。 また、3Dモデルを作成する事でケーブルの長さ等を設計段階で確認することができ、全体的な製品開発期間も短縮出来ます。

精度の高い設計を実現

ケーブルのサイズや重量等の属性、経路の情報等を設計段階で確認する事で実際にハーネスを繋ぐ際、ケーブルが届かない等の想定外のケースを未然に防ぎます。

SpaceCableの設計方式

チャネル設計
(オートルーティング)

複数ワイヤの通るルートをまとめて作成でき、素早いルート決めを実現できます。 モデル上はワイヤは無くなり属性だけにになるので非常に軽いです。 早い設計が可能になり、特に大規模モデルに最適!

ワイヤ設計
(マニュアルルーティング)

1本1本のワイヤを簡単・綺麗・正確に表現することができます。 精度の高い設計が可能になり、特に小規模モデルに最適!

SpaceCableの機能

ライブラリ

多数のコネクタ、ケーブルタイ、クランプなどのモデルを配置・登録することが可能です。

E-CAD連携

E-CADから出力されたデータをSpaceCableにインポートするだけでハーネスが作成されます。

Annotationで図面化

設計したハーネスをトポロジーの図面にし、更にBOM表やコネクションリストの作成も可能です。

こんな方におすすめ

3D設計をしたいが、時間がかかる

・2D設計では、正確な長さが取得できない
・試作品の段階等で想定外のケースが発生する場合があり、3Dで設計を行いたいが時間がかかるので実現に至らない

より精度の高い設計を行いたい

・3Dスプラインのみで設計すると長さは取得できるが太さや曲げ半径等を確認できない
・ハーネス及びモデル全体の総重量を測定するために、質量が定義されたコネクタ及びケーブルが欲しい

SpaceCable概要動画

無料体験版のお申込み

無料体験

その他専門モジュール