テクニカルイラスト作成ツール

より質の高いテクニカルドキュメントをより効率的に作成。
ARにも活用可能。

Creo Illustrateとは

コンシューマー向け製品や保守が必要な製品などは、取扱説明書やサービスマニュアル、パーツカタログなどの様々なドキュメントが必要となります。
これらのドキュメントで利用する高品質な2Dイラストやアニメーションを3Dモデルから簡単に作成可能です。


ARに活用可能

3D CADデータを取り込んで、分解手順や作業手順のアニメーションを作成できます。
作成したアニメーションは動画として保存できるだけでなく、ARコンテンツにも活用できます。
Vuforia Studioで取り込み可能なデータを出力する機能を備えています。


Creo Illustrateの機能

マルチCAD対応

PTC製品に限らず、様々な3D CADを取り込むことが可能です。
3Dデータさえあれば、どのお客様もCreo Illustrateを利用できます。

様々な用途で利用可能

次のような資料に利用できます。
(取扱説明書、サービスマニュアル、パーツカタログ、特許申請用イラスト、プレゼン資料)

シーケンスアニメーション

段階的な手順を示すアニメーションを作成することができます。
CADデータに対して、フェードインやフェードアウト、点滅などの効果を付与することもできます。
アニメーションは動画やVuforia Studioのデータにエクスポートできます。

エクスポート

作成したテクニカルイラストは3Dや2Dにエクスポートできます。
PDFや画像イメージ、3Dデータや3D PDF、動画などに出力することができます。

自動コールアウト

取り込んだCADデータの構成を読み取り、自動または手動でコールアウト(バルーン)を作成することができます。

複数のレンダーモード

Creo Illustrateでは、コンテンツを様々なレンダーモードで表示できます。
操作手順やサービス指示、部品カタログなど様々な文書に最適なグラフィカル情報を提供できます。

Creo Illustrateで期待できる効果

修理とメンテナンスの時間が短縮

・技術者やユーザーに対し、わかりやすい 3D 技術情報を提供することにより、全般的な生産性や正確性が向上します。

わかりやすさと部品の正確性が向上

・複雑な情報の明確な伝達: 複雑なサービス手順や製造手順を視覚的にわかりやすく伝える 3D アニメーションを作成します。

ARに活用

・3Dモデルから作成したアニメーションのステップをARに活用可能です。

Creo Illustrateのデモンストレーション


ARソリューション一覧

Creo Illustrate

(ARアニメーション作成ツール)

PTC製品に限らず、様々なCADデータから、操作手順、サービス指示、部品カタログを文書化するためのイラストレーションを作成します。

Vuforia Studio

(ARコンテンツ作成ツール)

世界でもトップクラスのシェアを誇る、高い拡張性を有する産業用ARコンテンツを作成する製品です。

Vuforia Chalk

(遠隔支援ツール)

リアルタイムの遠隔ガイダンスに利用できる、操作が簡単なモバイルARコラボレーションツールです。

無料ARハンズオン実施中

旭エンジニアリングでは、定期的にARソリューションを体験できるハンズオントレーニングを開催しています。
無償でどなたでも参加可能なので、お気軽にご参加ください。

参加申込

その他PTC製品

PTC MathCAD Express
Creo Elements / Direct Drafting
Creo Elements / Direct Drafting
Creo Elements / Direct Model Manager
Arrow
Arrow
Slider